fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

厄と功徳 太田左衛門尉御返事④

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

太田左衛門尉御返事おおたさえもんのじょうごへんじ

  華厳・真言の元祖、法蔵・澄観、善無畏・金剛智・不空等が、釈尊一

代聖教の肝心なる寿量品の一念三千の法門を盗み取って、本より自らの

依経に説かざる華厳経・大日経に一念三千有りと云って取り入るる程の

盗人にばかされて、末学まつがく深くこの見を執す。はかなし、はかなし。結句

は、真言の人師云わく「争って醍醐を盗んで各自宗に名づく」云々。ま

た云わく「法華経の二乗作仏・久遠実成は無明の辺域、大日経に説くと

ころの法門は明の分位なり」等云々。華厳の人師云わく「法華経に説く

ところの一念三千の法門は枝葉、華厳経の法門は根本の一念三千なり」

云々。これ、跡形も無き僻見なり。真言・華厳経に一念三千を説きたら

ばこそ、一念三千という名目をばつかわめ。おかし、おかし。亀毛・兎

角の法門なり。

 正しく久遠実成の一念三千の法門は、前四味ならびに法華経の迹門しゃくもん

十四品まで秘せさせ給いてありしが、本門・正宗に至って、寿量品に説

き顕し給えり。この一念三千の宝珠をば、妙法五字の金剛不壊ふえの袋に入

れて、末代貧窮の我ら衆生のために残し置かせ給いしなり。正法・像法

に出でさせ給いし論師・人師の中に、この大事を知らず。ただ竜樹・天

親こそ心の底に知らせ給いしかども、色にも出ださせ給わず。天台大師

は玄・文・止観に秘せんと思しめししかども、末代のためにや、止観十

章・第七正観の章に至ってほぼ書かせ給いたりしかども、薄葉に釈を設

けてさて止み給いぬ。ただ理観の一分を示して、事の三千をば斟酌しんしゃく

給う。彼の天台大師は迹化しゃっけの衆なり。この日蓮は本化ほんげの一分なれば、盛

んに本門の事の分を弘むべし。

【現代語訳】

 
華厳の元祖である法蔵・澄観や真言の元祖たる善無畏・金剛智・不空等が、釈尊一代

の聖なる教えの肝心かなめである寿量品の一念三千の法門を盗みとって、もともと自分

たちが拠り所とする華厳経・大日経には説いてなかったのに、一念三千がある、と言っ

て取り入れたのである。これほどのことをした盗人にだまされて、その末学の者は深く

この邪見に執われてきている。浅はかなことだ。その結果、真言の人師である弘法大師

は、「争って大日経の醍醐味を盗んで、それぞれ自分の信ずる宗に名づけたものだ」と

か、また、「法華経の二乗作仏(声聞・縁覚が成仏することを説く)・久遠実成(仏の

寿命の永遠さ)は無明の辺地を説いたもので、大日経に説かれる法門は成仏を明かした

もの」などと言っているのである。
 
 また華厳の人師である澄観は「法華経に説いている一念三千の法門は枝葉であり、

華厳経の法門に示す一念三千が根本である」などと言っている。これらは、まったく跡

形さえない誤った考えである。真言・華厳経に一念三千を説いているならば、一念三千

という名目を使ってもよかろうが、まったく無いものをあるように言うのはおかしなこ

とだ。まことにおかしい。亀に毛がはえており、兎に角があるというような亀毛兎角きもうとかく

法門である。

 まさしく久遠実成の一念三千の法門は、華厳阿含方等般若の四経ならびに法華経

迹門十四品までは内密に秘められてきたものである。それを法華経本門の正意を明かす

段階に至って寿量品を説き表わされ、この一念三千の宝珠を、妙法蓮華経の五字という

金剛のように壊れることのない袋に入れて、末代の心貧しきわれら衆生のために残しお

かれたのである。

 正法像法に出られた論師人師の中で、この大事な法門を知るものはいない。ただ、

竜樹天親の二人だけは心の底では知っていたけれども、外に向けては説かれなかっ

た。天台大師は、法華玄義・法華文句・摩訶止観の三大部を説き、その中に秘めておこ

うと考えられたけれども、末代の者のためにと、止観の第10章、第7正観の章に至って

この法門をほぼ書かれたのである。しかし、薄葉に解釈をするだけでとり止められた。

ただ、の一念三千(一念のうちに十界をそなえる人間の心を観つめることによって、

仏となる可能性を示す理念)を少しばかり示して、の一念三千(仏による衆生救済の

約束と実践)は配慮して書かれなかった。かの天台大師は、迹門の教えで教化された人

である。この日蓮は、本門の教化を受けたなかの一人であるので、盛んに法華経本門の

実践的教説である事の一念三千を弘めているのである。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/26 05:46 】

厄と功徳  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 厄と功徳 太田左衛門尉御返事⑤ | ホーム | 厄と功徳 太田左衛門尉御返事③ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |