fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

厄と功徳 太田左衛門尉御返事⑤

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

太田左衛門尉御返事おおたさえもんのじょうごへんじ

 しかるに、かくのごとき大事の義理のもらせ給う御経を書いて進ら

せ候えば、いよいよ信を取らせ給うべし。勧発品かんぼっぽんに云わく「まさに起っ

て遠く迎うべきこと、当に仏を敬うがごとくすべし」等云々。安楽行品

に云わく「諸天は昼夜に、常に法のための故に、しかもこれを衛護すない

天の諸の童子は、もって給使をなさん」等云々。譬喩品ひゆほんに云わく「そ

の中の衆生は、ことごとくこれ吾が子なり」
等云々。法華経の持者は教

主釈尊の御子なれば、いかでか梵天・帝釈・日月・衆星も昼夜朝暮に守

らせ給わざるべきや厄の年災難を払わん秘法には法華経に過ぎず

たのもしきかな、たのもしきかな。


 さては、鎌倉に候いし時は細々こまごま申し承り候いしかども、今は遠国に居

住候によって、面謁めんえつを期すること、さらになし。されば、心中に含みた

ることも、使者・玉章にあらざれば、申すに及ばず。歎かし、歎かし。


 当年の大厄をば、日蓮に任せ給え。釈迦・多宝・十方分身の諸仏の法

華経の御約束の実・不実は、これにて量るべきなり。またまた申すべく

候。


弘安元年戊寅四月二十三日               日蓮 花押

 太田左衛門尉殿御返事


【現代語訳】

法華経による除災

 このように大事な教えのこもっているお経を書いてさしあげたのであるから、いよい

よ信心を強くなされるがよい。勧発品に「法華経の行者を、って遠くまで出迎え、仏

を敬うようにせよ」とある。安楽行品には「諸天善神が昼夜の別なく、常に法のために

法華経の行者を守る、また天の諸々の童子が給使する」とあり、譬喩品に「今この世界

の人々は悉くこれわが子である」と説かれている。法華経を持つ者は、教主釈尊の御子

であるから、どうして梵天・帝釈、日月・多くの星も昼夜、朝暮に守らないことがあろ

うか。厄の年、災難を払う秘法は、法華経に過ぎたるものはない。たのもしきかな。た

のもしきかな。

 かつて鎌倉にいた時は、こまごま話を承ったが、今は遠い国に居住しているため、お

目にかかることもさらに期待できない。それ故、心中に思っていることも、使いや手紙

でなければ言うこともできなくなってしまった。嘆かわしい。嘆かわしい。今年のあな

たの大厄を日蓮に任せなさい。釈迦・多宝・十方分身の諸仏が、法華経においてお約束

されたことが、真実か真実でないかは、あなたのこの厄年による病を払い除けられるか

どうかで推し測ることができるのである。またまた申したい。

弘安元年戊寅四月二十三日                     日 蓮 花押

太田左衛門尉御返事


【解説】

 太田左衛門尉は大田乗明じょうみょうのこと。問注所の役人を務め、その役職名から左衛門尉ま

たは金吾と呼ばれていた。

 日蓮は松葉ケ谷まつばがやつの法難のあと一時難を逃れ、下総の富木常忍のもとに身を寄せている

が、この時、富木邸の近隣に在住していた乗明は、初めて日蓮の化導に浴している。乗

明の先祖は、高野山に大塔を供養するほど熱心な真言家であり、乗明もこれを継承して

いたが、やがてこれを捨てて、日蓮に帰依した。

 法華経の強信者であった乗明でも、病に冒され、気が弱くなることがあった。なかで

も弘安元年正月から4月頃にかけて煩わずらった病は相当重く、身心ともにたいへんに

苦しんだため、乗明は日蓮に供養の品を送り、自身の57歳の厄払いを願い出た。それ

に対して、日蓮が励ましの言葉を綴ったのがこの手紙である。その大半が、真言・天台

の人師の説について批判を下し、時には十二因縁について語り、また寿量品の要旨につ

いての解説であり、乗明の仏教理解がかなり深いものであったことが推測できる。

 日蓮は切々と苦しみを訴える乗明に、身心の病を癒やす大良薬として、「法華経」を

授けた。日蓮自身の全精神をこめつつ方便・寿量の二品を書写して、この所持を勧め

厄を日蓮にまかせよと息災治病の信心を指し示した病を治して人を救い、法華経救済を

日常生活に実現していくために心を砕いた日蓮の姿をあらわすものである。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/10/28 05:40 】

厄と功徳  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 命は第一の宝 富城殿女房尼御前御書 | ホーム | 厄と功徳 太田左衛門尉御返事④ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |