fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

厄と功徳 日眼女釈迦仏供養事②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

日眼女釈迦仏供養事にちげんにょしゃかぶつくようじ

 今の日眼女は三十七のやく(厄)と云云。やくと申すはたとへばさい

(閲)にはかど、ます(升)にはすみ、人にはつぎふし(関節)、方に

四維よすみのごとし。風は方よりふけばよはく、角より吹けばつよし。病は

肉より起これば治しやすし、ふしより起これば治しがたし。家にはかきな

ければ盗人いる、人にはとがあれば敵便たよりをうく。やくと申すはふしぶし

のごとし。家にかきなく、人にとがあるがごとし。よきひやうし(兵士)

をもつてまほらすれば、盗人をからめとる。ふしの病をかねて
治すれば

命ながし。

 今教主釈尊を造立し奉れば、下女が太子をうめるがごとし。国主なお

この女を敬ひ給ふ何にいわんや大臣以下をや大梵天王釈提桓因王

日・月等、この女人を守り給ふ。いわんや大小の神祇をや。

 昔優塡うでん大王、釈迦仏を造立し奉りしかば、大梵天王・日・月等、木像

を礼しに参り給ひしかば、木像説きて云はく、「我を供養せんよりは優

塡大王を供養すべし」等云云、影堅ようけん王の画像の釈尊を書き奉りしもまた

またかくのごとし。

 法華経に云はく「〔もし人、仏のための故に諸の形像を建立す。かく

のごとき諸人等、皆すでに仏道を成しき〕」云云。文の心は「一切の女

人釈迦仏を造り奉れば、現在には日々月々の大小の難を払ひ、後生には

必ず仏になるべし」と申す文なり。

 法華経に云はく「〔もし人、仏のための故に諸の形像を建立す。かく

のごとき諸人等、皆すでに仏道を成しき〕」云云。文の心は「一切の女

人釈迦仏を造り奉れば、現在には日々月々の大小の難を払ひ、後生には

必ず仏になるべし」と申す文なり。

 そもそも女人は一代五千七千余巻の経々に、仏にならずときらはれま

します。ただ法華経ばかりに、「女人仏になる」と説かれて候ふ。

【現代語訳】

 今年、あなたは37歳のやくに当たるので、それが気がかりだということですね。そもそ

も厄というのは、たとえば賽子さいころでいえばかどますでいえばすみ、人体でいえば関節、東・

南・西・北の四方でいえば東南・南西・西北・北東という四維しいのようなものです。風は

正面から吹けば弱く当たりますが角から吹けば強くなります。病気は体の普通のところ

に起これば治しやすいのですが関節をおかされると治しにくくなります。家に垣根がない

と盗人が入ります。人に過失があると敵はそれにつけこみます。そのような例に当ては

めていうならば、厄というのは関節のようなもの、あるいは家に垣根がなく、人に過失

があるようなものです。勇猛な兵士に家を守らせれば盗人を捕えます。関節の病気を治

療すれば寿命は長くなります。

 このたび、あなたは教主釈尊のお像をお造り申し上げたのですから、卑しい下女が貴

い王子を出産したようなものです。国王でもその女性を尊敬なさいます。まして大臣以

下の人々が尊敬しないことがありましょうか。また、大梵天王・帝釈天・日天・月天ら

の天神がたがその女性をお守りくださいます。どうしてその他の大小の神々が守護なさ

らないことがありましょうか。

 昔、インドの
※ 1大王が、釈尊のお像をお造りになりましたので、大梵天王・日天・

月天らの天神たちが、その木像を礼拝しにおいでになりましたところ、木像が「私を供

養するよりは
大王を供養しなさい」とおっしゃいました。また※ 2堅王が画像の釈尊

をお書きになった時も同じでありました。

 法華経に「あるいは人が、仏のための故にもろもろの形像を建立する。このような諸

人ら、みなすでに仏道を成じた」とあります。この経文は、「釈尊のお像をお造りする

すべての女性は、現世では日々月々の大小の災難を払い、後生には必ず仏になるに決ま

っている」という内容の文です。

 そもそも女性は、釈尊が一生の間にお説きになった5000巻にも7000巻にも及ぶ経典

の中で、成仏することができないものとして忌避されていますが、ただ法華経だけに

「女性も仏に成る」と説かれているのです。
(つづく)

【語註】

 ※1 
優塡大王:インド・コーサンビーの王。釈尊が亡母摩耶夫人に説法をするため一
           夏利天に昇った時、仏がいなくなったことを悲しんだ王は、牛頭栴檀【ごずせ
           んだん】で五尺の仏像を刻んで拝んだという。これを仏像造立の初めとする。

 ※2 影堅王:頻婆娑羅王のこと。玄奘は影堅王と訳した、釈尊迦と同時代のマガダ国
          の王。釈尊に帰依し、あつく仏法を保護した。息子の阿闍世王に幽閉されて死ん
          だと伝えられる。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/11/04 05:35 】

厄と功徳  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 厄と功徳 日眼女釈迦仏供養事③ | ホーム | 厄と功徳 日眼女釈迦仏供養事① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |