fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

厄と功徳 日眼女釈迦仏供養事③

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

日眼女釈迦仏供養事にちげんにょしゃかぶつくようじ

 天台智者大師の釈に云はく「〔女に記せず〕」等云云。釈の心は「一

切経には女人仏にならず」と云云、次下に云はく「〔今経は皆記す〕」

と云云。「今の法華経にこそ竜女りゅうにょ仏になれり」と云云。天台智者大師

と申せし人は、仏滅度の後一千五百年に、漢土と申す国に出でさせ給ひ

て、一切経を十五返まで御覧あそばして候ひしが、「法華経より外の経

には女人仏にならず」と云云。妙楽みょうらく大師と申せし人の釈に云はく、

「〔一代に絶えたる所なり〕」等云云。釈の心は「一切経にたえたる法

門なり。」

 法華経と申すは星の中の月ぞかし、人の中の王ぞかし。山の中の須弥しゅみ

せん、水の中の大海のごとし。これ程いみじき御経に、「女人仏になる」

と説かれぬれば、一切経に嫌はれたるになにかくるしかるべき。譬へば

盗人・夜打・強盗・乞食・渇体かったいにきらはれたらんと、国の大王にめら

れたらんと、何れかうれしかるべき。

 日本国と申すは女人の国と申す国なり。天照太神と申せし女神のつき

いだし給へる島なり。この日本には男は十九億九万四千八百二十八人、

女は二十九億九万四千八百三十人なり、この男女は皆念仏者にて候ふ

ぞ。皆念仏なるが故に阿弥陀仏を本尊とす。現世の祈りもまたかくのご

とし。たとひ釈迦仏をつくりかけども、阿弥陀仏の浄土へゆかんと思ひ

本意の様には思ひ候はぬぞ中々つくりかかぬにはをとり候ふな


 今日眼女は今生の祈りのやうなれども、教主釈尊をつくりまいらせ給

ひ候へば、後生も疑ひなし。二十九億九万四千八百三十人の女人の中の

第一なりとをぼしめすべし。くはしくはまたまた申すべく候ふ。恐恐謹

言。

弘安二年己卯二月二日                
日 蓮 花押

日眼女御返事

【現代語訳】

 天台智者大師の法華経の注釈には「女には授記しない」とあります。これは、「法華

経以外のすべての経典は女性の成仏を認めない」ということです。また大師は前の句に

続けて「今経こんきょうみな授記する」といっています。これは、釈尊一代の説法のうちの最後

に説かれた法華経によって、はじめて竜女も仏になり、すべての女性の成仏が保証され

ということです。天台智者大師という方は釈尊が亡くなられて一千五百年の後に、

漢土という国(中国)にお生まれになり、一切経を15度までお読みになった結果、「法

華経以外の経典には女性の成仏が説かれていない」ということを発見された方です。そ

の説を受け継がれた妙楽大師という方の注釈に「一代に絶えたるところなり」とありま

す。これは、「法華経に説かれたところの、女性が成仏するという教えは、他のすべて

の経典には絶無のものだ」という文です。

 このように法華経という経典は、星の中の月のように輝くもの、人の中の王のように

偉いものです。また、山の中では※ 1弥山のように高く、水の中では大海のように深いも

のです。これほどすぐれたお経に「女性は仏になる」と説かれているのですから、ほか

のすべての経典で忌避されたところで、何の苦痛もないでしょう。たとえば、盗人・

うち・強盗・乞食・渇体といった多くのつまらない人々にけなされても、ただ一人しかい

ない偉大な国王にほめられれば、どれほど嬉しいか、いうまでもないことでしょう。

 日本国というのは〈女性の国〉ともいうべき国です。この国は天照太神と申し上げた

女神が島をお造りになったところから始まりましたこの日本には男は199万4828人

女は299万4830人います。この男女は、みな念仏の信者です。みな念仏の信者だから阿

弥陀仏を本尊としています。そして後世に極楽浄土へ往生することを願っているので

す。現世安穏の祈願も同じように阿弥陀仏に対してしています。その人たちが、もしか

りに釈尊のお像を造ったり描いたりしたとしても、結局は阿弥陀仏の極楽浄土に往生す

ることを願っているのであって、釈尊の霊山りょうぜん浄土での成仏を考えてはいません。つま

り、本心からではなくて、一時的な現世利益のために釈尊像を利用しているだけなので

すからかえってお像を造ったり描いたりしないよりももっと悪質なことなのです。

 ところで今のあなたは、37歳の厄を除けるためだというのですから、現世でのご利益

を祈るだけのことのようですが教主釈尊のお像をお造り申し上げなさったのですから

後世の成仏も間違いありません。299万4830の日本女性の中の、第一の果報者になると

お思いください。委細はまたお便りいたします。恐恐謹言。

弘安二年〈己卯〉二月二日                   
日 蓮  花押

日眼女御返事

【語註】

 ※1 
須弥山:梵語スメールを音写した山の名で妙高山と漢訳する。仏教の宇宙観で世
           界の中心にそびえる巨大な山。周囲には九山八海があり、南方に人間の住む閻浮
           提【えんぶだい】がある。頂上は漁利天【とうりてん】で帝釈天が統治し、中腹
           の四王天には四天王が警備を固めている。

【解説】

 日眼女は四条金吾頼基の妻とする説が有力。夫四条金吾が主君江馬光時から勘気を蒙

ったり、領地替えを命じられたり、起請文を書かされたりして、夫の多事多難の中で、

夫の志を励まし、その信仰を全うさせた事で知られる。

 日蓮は、厄とは「関節のふしぶしのようなもの」としている。それは、日常生活に忍

び寄る肉体と精神の危険を示す赤ランプということであろう。その除災のために釈迦仏

の像を造立した日眼女の現世安穏・後生善処の確かさを日蓮は明らかにした。

 日蓮の仏法においては釈迦像を用いない。にもかかわらず、日眼女の釈迦仏造立を称

賛したのは、在俗の日眼女の修学がまだ浅かったからであろうか。翌弘安3年に日蓮か

ら曼荼羅本尊が授与されている。


↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/11/07 05:33 】

厄と功徳  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 真の孝養と仏道をめざして 新尼御前御返事① | ホーム | 厄と功徳 日眼女釈迦仏供養事② >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |