fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

真の孝養と仏道をめざして 新尼御前御返事③

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

新尼御前御返事にいあまごぜんごへんじ

 今この御本尊は教主釈尊五百塵点劫じんてんこうより心中にをさめさせ給ひて、

世に出現せさせ給ひても四十余年―その後また法華経の中にも迹門しゃくもん

せすぎて、宝塔品より事をこりて寿量品に説き顕し、神力品属累ぞくるいに事極

まりて候ひしが、金色こんじき世界の文殊師利、兜史多天宮としたてんぐう弥勒菩薩みろくぼさつ補陀落ふだらく

せんの観世音、日月浄明徳仏にちがつじょうみょうとくぶつの御弟子の薬王菩薩等の諸大士、我も

我もと望み給ひしかども叶はず。「これ等は智慧いみじく、才学ある人

人とはひびけども、いまだ日あさし、学も始めたり、末代の大難忍びが

たかるべし。我れ五百塵点劫より大地の底にかくしをきたる真の弟子あ

り。これにゆづるべし」とて、上行菩薩等を涌出品ゆじゅつぽんに召し出させ給ひ

て、法華経の本門ほんもんの肝心たる「妙法蓮華経」の五字をゆづらせ給ひて、

「あなかしこあなかしこ、我滅度の後正法一千年、像法一千年に弘通す

べからず。末法の始めに謗法ほうぼうの法師一閻浮提に充満して、諸天いかりを

なし。彗星ほうきぼしは一天にわたらせ、大地は大波のごとくをどらむ。大早魃かんばつ

・大火・大水・大風・大疫病・大飢饉・大兵乱等の無量の大災難並びを

こり、一閻浮提の人人各各甲冑かっちゅうをきて弓杖を手ににぎらむ時、諸仏・

諸菩薩・諸大善神等の御力の及ばせ給はざらん時、諸人皆死して無間地

獄に堕ちること、雨のごとくしげからん時、この五字の大曼荼羅まんだらを身に

帯し心に存せば、諸王は国を扶け、万民は難をのがれん。ないし後生の

大火災を脱るべし」と仏記しをかせ給ひぬ。


【現代語訳】

 さて、このご本尊は、教主釈尊がこの世に出現なさる以前の※ 1百塵点劫の昔から心の

中に秘蔵していらっしゃったもので、現世において覚者となられてからでも、法華経を

説く以前の40余年間はお示しにならなかった―いや法華経の説法に入ってからでも※ 2

の初めの方は通り過ぎて、見宝塔品 けんほうとうほんにいたってはじめて説き起こし、本門の寿量品に

おいて真相を顕わし、神力品・属累品で完結したご本尊であります。これを弘めること

を希望して金色世界の※ 3殊師利菩薩※; 4史多天宮の※ 5勒菩薩、※ 6陀落山の※ 7世音菩薩、

日月浄明徳仏の御弟子の薬王菩薩ら多くの菩薩たちが、われもわれもとお申し出になっ

たのですけれども、釈尊はそれをお許しになりませんでした。そして「これらの菩薩た

ちは、智慧がすぐれ、才覚もある連中として評判は高いのだが、まだ法華経に帰依して

からの日も浅く学問も不十分であって、末法濁悪の世で遭遇する三類の怨敵の難に耐え

ることができないであろう。私には五百塵点劫の昔から大地の底に待機させている秘蔵

の弟子がいる。その者たちにこの大任を引き受けさせることにする」とおっしゃって、

※ 8行菩薩を上首とする地涌の菩薩たちを従地涌出じゅうじゆじゅつ品においてお召し出しになり、法

華経の※ 9門の肝心要かんじんかなめである「妙法蓮華経」の5字をお授けになって、「謹聴せよ、謹

聴せよ。私の死後、正法の行なわれる1000年間、また像法時代に入っての1000年間に

は、
この法を弘通してはいけない。末法時代になると、その初期から謗法の法師が世界

中に満ち満ち、諸天善神が怒りを爆発させ、彗星が天空いっぱいにとびまわり、大地震

が起きて大地は大波のように揺れ動くであろう。そして、大早魃・大火災・大洪水・大

流行病・大飢饉・大戦乱などの数知れない大災難が競い起こり、世界じゅうの人々が身

を甲冑で固めて手に手に弓や刀をにぎる時、また諸仏・諸菩薩・諸大善神らの御威光が

えて無力におなりになる時、あるいはまた人々がみな死んで雨が降るようにはげしく

無間地獄に陥る時、その時こそ、この妙法蓮華経の5字の大曼荼羅を身につけ心に信じ

るならば、為政者たちは国を安らかにすることができるであろうし、万民は災難を逃れ

られるであろう。いや現世が安穏になるばかりでなく、死後に地獄の火で焼かれる苦し

みからも脱れられるに違いない」と仏は記し置いていらっしゃるのです。(つづく)


【語註】

 ※1 
五百塵点劫:無限の時間をいう。五百千万億那由他阿僧祇【なゆたあそうぎ】
          (無数の量)の三千大千世界を砕いて微小な塵とし、それを五百千万億那由他劫
           を経過するごとに一つぶずつ取り去って、その塵がなくなった時、その経過した
           国土をまた砕いて微小な塵とし、その一つぶの塵を一劫として数えた時間。

 ※2 迹門:久遠実成【くおんじつじょう】の仏が衆生を救済するためにこの世に姿を
           現わして教えを説くという応迹【おうしゃく】の法門で、本門に対する語。法華
           経の前半14品をいう。
 
 ※3 文殊師利菩薩:釈尊の左脇に侍して仏の智・恵・証の三徳を司り、智恵の威徳を
           象徴する獅子に乗って」いる菩薩。過去世において日月燈明仏の弟子妙光菩薩で
           あった時に月日燈明仏の8人の王子を法華経によって順次教化成仏させた
           がその第8子の燃燈仏が釈尊の師であったという。

 ※4 兜史多天宮:兜率天と同じ。欲界六天の第四天で内院と外院とがあり、内院は将
           来成仏する菩薩の住む所で、釈迦如来もここから人間界に生まれて成仏をした。
           今は弥勒菩薩が住して説法をしている。外院は天衆の遊楽するところ。

 ※5 弥勒菩薩:釈迦如来の滅後56億7000万年を経てこの世に出生し、竜華樹【りゅ
           うげじゅ】のもとで成仏して三会【さんね】において説法をすることになってい
           る将来仏(未来仏)。今は兜率天の内院で天人たちのために法を説いている。な
           お三会とは、上・中・下根のすべての人びとをあまねく救うための3回の説法会
           である。

 ※6 補陀落山:インドの南海岸にあるという山で、観世音菩薩が住む霊地。

 ※7 観世音菩薩:わが国では仏法受容以来宗派を問わず信仰されてきたが、日蓮は観
           音を、阿弥陀仏の弟子で迹化【しゃっけ】他方の菩薩ではあるが釈尊の説法を聞
           いて法華経の行者を守護するようになったとしている。

 ※8 上行菩薩:法華経・涌出品で地から涌出した菩薩たちの4上首(上行・無辺行・
           浄行・安立行の四菩薩)の代表。日蓮聖人は佐渡流罪以後、釈尊から末法濁乱
         【じょくらん】の世を救うべく依嘱された上行菩薩とは自分にほかならないとい
           う自覚を不動のものとした。

 ※9 本門:久遠実成の仏が本体を現わす法門で、迹門に対する語。法華経の後半14
           品をいう。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!


スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/11/14 05:37 】

真の孝養と仏道をめざして  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 真の孝養と仏道をめざして 新尼御前御返事④ | ホーム | 真の孝養と仏道をめざして 新尼御前御返事② >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |