fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

真の孝養と仏道をめざして 光日房御書②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

光日房御書 こうにちぼうごしょ

 日蓮はさせるとがあるべしとはをもはねども、この国のならひ、念仏者

と禅宗と律宗と真言宗にすかされぬるゆへに、法華経をば上にはたうと

むよしをふるまへ、心には入らざるゆへに、日蓮が法華経をいみじきよ

し申せば、威音王仏 いおんのうぶつの末の末法に、不軽菩薩 ふぎょうぼさつをにくみしごとく、上一 かみいち

にんよりしも万人にいたるまで、名をもきかじ、まして形をみる事はをもひ

よらず、さればたとひ失なくとも、かくなさるる上はゆるしがたし。ま

していわうや、日本国の人の父母よりもをもく、日月よりもたかくたの

みたまへる念仏を、無間の業と申し、禅宗は天魔の所為 そい、真言は亡国の

邪法、念仏者・禅宗・律僧等が寺をばやきはらひ、念仏者どもが頸をは

ねらるべしと申す上、最明寺 さいみょじう・極楽寺の両入道殿を阿鼻地獄 あびじごくに堕ち

給ひたりと申すほどの大禍ある身なり。此等程の大事を上下万人に申し

つけられぬる上は、たとひそらごとなりともこの世にはうかびがたし。

いかにいわうや、これはみな朝夕に申し、昼夜に談ぜしうへ、へい左衛 さえ

門尉 もんのじょう等の数百人の奉行人に申しきかせ、いかにとが(科)に行はる

とも申しやむまじきよし、したゝかにいゐきかせぬ。されば大海のそこ

のちびきの石はうかぶとも、そらよりふる雨は地にをちずとも、日蓮はか

まくらへは還るべからず。

【現代語訳】
諫めと憎悪ー赦免のされがたいことの回想


 日蓮はそれほどの罪科ある身とは思いませんが、日本の人びとは長い間、念仏者と禅

宗と律宗と真言宗の教えにだまされてきていますから、法華経を表面では尊崇している

ように見えますが、心からは信じておらず、日蓮が法華経を最勝の経であるといえば、

あたかも威音王仏の末法の人びとが※ 1軽菩薩を憎んだように、日本の上下のすべての人

びとは日蓮を憎みその名を聞くことすら嫌い、まして姿を見ようと思う者など一人もい

ません。したがって、たとえ罪科がなくても流罪にされた上は赦免されることはないで

しょう。まして日蓮は、日本国の人びとが父母よりも重く尊び、日月よりも高く仰いで

いる念仏を無間地獄に堕ちる業禅宗は天魔の所為真言宗は亡国の邪法であると破し、

念仏者・禅宗・律僧などの寺を焼き払い、念仏者の首をねよと申し述べたばかりか、

※ 2明寺入道時頼殿・※ 3楽寺入道重時殿は無間地獄に堕ちたとまで主張した大罪のある

身です。これほどの大事を上下万人に申し上げた以上、かりに虚事であるとしてもこの

流罪が赦免されることはないでしょう。ましてこれらのことは、すべて日蓮が常に語り

続けたばかりでなく、文永8年(1271)9月10日には※ 4左衛門尉ら、数100人の役人の

前で申し聞かせ、いかなる罪科に処せられても決してその主張を止めることはできない

と、強く言明したのですからなおのことです。したがって、たとえ大海の底の1000人の

力でようやく引くことのできる重い大石が浮かぶことがありましても、また天から降る

雨が大地に落ちないことがありましても日蓮が再び鎌倉へ帰ることはないと思います


(つづく)

【語註】

 ※1 不軽菩薩:法華経の常不軽菩薩品第二十に説かれる菩薩。釈尊の前世における衆
           生救済の菩薩行を説く本生物語の一つで、すべての人々がやがて成仏するであろ
           うことを尊び、軽蔑や迫害にもめげず四衆を礼拝した。日蓮聖人はこの不軽菩薩
           を末法における法華経弘通の理想とし、自己の信仰実践の規範とした。

 ※2 最明寺入道:第5代執権北条時頼のこと。幕府の勢威と北条氏の権力を強めた。
           禅僧蘭渓道隆に帰依し、建長寺内に最明寺を建立、最明寺入道とよばれた。執権
           辞任後も最大の権力者で、日蓮が文応元年(12060)に立正安国論を前の執権で
           ある時頼に上呈したのもこのため。日蓮は時頼こそ自説の理解者と見、また伊豆
           流罪赦免の理由も、讒言によって流罪されたことを知った時頼の処置であると受
           けとめた。

 ※3 極楽寺:神奈川県鎌倉市極楽寺町に所在。真言律宗の寺院、開山は良観房忍性、
           開基は北条重時と伝える。幕府の祈願所となり発展。日蓮聖人は法華経誹謗の拠
           点・悪所とした。

 ※4 平左衛門尉:平頼綱のことで、平金吾とも表記。鎌倉幕府侍所の所司。北条氏得
           宗の時宗貞時の被官文永8年(1271)9月12日、日蓮逮捕の指揮をした中心
           人物。このとき日蓮は、得宗被官の最大有力者だった頼綱に対し、2度目の諫言
           を、さらに佐渡流罪赦免後の文永11年(1274)4月に、3度目の諫暁を行なっ
           た。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/11/23 05:48 】

真の孝養と仏道をめざして  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 真の孝養と仏道をめざして 光日房御書③ | ホーム | 真の孝養と仏道をめざして 光日房御書① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |