fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

真の孝養と仏道をめざして 光日房御書③

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

光日房御書こうにちぼうごしょ

 ただし法華経のまことにおはしまし、日月我をすて給はずば、かへり

入りて又父母のはかをもみるへんもありなんと、心づよくをもひて、梵

天・帝釈・日月・四天はいかになり給ひぬるやらん。天照大神・正八幡

宮はこの国にをはせぬか。仏前の御起請はむなしくて、法華経の行者を

ばすて給ふか。もしこの事叶はずば、日蓮が身のなにともならん事はを

しからず。各々おのおの現に教主釈尊と多宝如来と、十方の諸仏の御宝前にして

誓状を立て給ひしが今日蓮を守護せずして捨て給ふならば、正直捨方しょうじきしゃほう

便べんの法華経に大妄語を加へ給へるか、十方三世の諸仏をたぼらかし奉れ

御失おんとがは、提婆達多だいばだったが大妄語にもこへ、瞿伽利尊者くぎゃりそんじゃ虚誑罪こおうざいにもまされ

たり。たとひ大梵天として色界しきかいの頂に居し、千眼天せんげんてんといはれて須弥しゅみ

頂におはすとも、日蓮をすて給ふならば、阿鼻の炎にはたきぎとなり、

無間大城にはいづるごおはせじ。此罪をそろしくをぼせば、いそぎいそ

ぎ国にしるしをいだし給へ、本国へかへし給へと、高き山にのぼりて大

音声をはなちてさけびしかば、九月の十二日に御勘気、十一月に謀反むほん

ものいできたり、かへる年の二月十一日に、日本国のかためたるべき大

将どもよしなく打ちころされぬ。天のせめという事あらはなり。これに

やをどろかれけん、弟子どもゆるされぬ。しかれどもいまだゆりざりし

かば、いよ球究強盛ごうじょうに天に申せしかば、頭の白き烏とび来りぬ。彼燕かのえん

のたむ(丹)太子の馬、烏のれい(例)、日蔵にちぞう上人の、山がらすかしら

もしろくなりにけり我がかへるべき期や来ぬらん、とながめしこれなり

と申しもあへず、文永十一年二月十四日の御赦免状、同三月八日に佐渡

の国につきぬ。同十三日に国を立ちて、まうら(網羅)というつ(津)

にをりて、十四日はかのつにとどまり、同じき十五日に越後の寺どまり

(泊)のつにつくべきが、大風にはなたれ、さいわひ(幸)にふつかぢ

(二日程)をすぎて、かしはざき(柏崎)につきて、次の日はこう(国

府)につき、十二日をへて三月二十六日に鎌倉へ入りぬ。

【現代語訳】


白頭の烏ー佐渡赦免

 ただし、法華経が真実の教えであり、日月天などの法華経を守護する諸天が日蓮を見

捨てなければ、また故郷へ帰り父母の墓へ参ることもできるであろうと心強く、法華経

の行者を守護する梵天・帝釈天・日月天・四天王らはどうなされたか、天照大神・正八

幡宮はこの日本におられないのか法華経の行者を守護するという仏前の起請を破って、

法華経の行者を捨てられたのかと思うばかりです。諸天の守護がなく、日蓮の身がどう

なろうとも惜しいとは思いません。ただ、あなた方が現に教主釈尊と多宝如来と十方の

諸仏の前で、法華経の行者を守護すると誓いを立てながら、いま日蓮を守護しないでそ

の誓いを捨てるならば、釈尊が「正直に方便を捨てる」と言われた法華経に大きな妄語

を加えることになりましょう。十方三世の諸仏を欺いた罪は、提婆達多の大きな偽りよ

りも
※ 1伽利尊者※ 2誑罪よりも重く深いものです。たとえ大梵天として色界の頂上に居

住し、帝釈天といわれて須弥山の頂上におられても、もし日蓮を守護しないで捨て去る

ならば、絶え間なく責め苦を受ける阿鼻地獄の炎を増す薪となって、その無間地獄から

されることは永久にないでしょう。この罪を恐ろしいと思われるならば、急ぎ日蓮が逮

捕されたとき予言したように内乱の現証を示されよ、日蓮を鎌倉へ帰されよと高い山に

登り、大音声をもって諸天へ強言しました。すると9月12日のとがめの日から、わずか3

ケ月後の11月に謀反を起こす者が現われ、翌年の2月11日には日本国を守るべき大将た

ちが理由もなく殺されました。諸天の呵責かしゃくが実行されたことはこれによって明らかで

す。これに驚いた幕府は牢につながれていた日蓮の弟子たちをただちに赦免しました。

しかし日蓮にはいまだ赦免がありませんので、さらに強盛に守護なきことを諸天に申し

聞かせますと、頭の白い烏が飛来してきました。これは何事かと考えてみますと、むか

し燕の国の丹太子が秦の国に人質になった時秦王が戯れにもし※ 3頭の烏が現われ、馬

に角が生えたならば許そうといったのを丹太子が祈り、ついに白頭の烏が現われ、馬に

が生じて本国へ帰ることを許された例があります。また※ 4蔵上人が「山がらすかしらも

しろくなりにけり我かへるべき期や来ぬらん」と詠んだことなどを思い合わせ、自分の

帰る時期も近づいたのであろうかと考えていますと、文永11年(1274)2月14日に赦免

状が下り、それが3月8日に佐渡の国へ届いたのです。13日に佐渡の配所を発って真浦の

津に着き、14日はそこに泊り、翌15日に越後の寺泊に着く予定が、大風のため船が流さ

れ2日後に※ 5崎へ到着しました。そしてその翌日には越後の国府に着き、12日間の旅程

をへて3月26日に鎌倉へ入りました。(つづく)

(語註)

 ※1 
瞿伽梨尊者:釈迦族の出身で、釈迦の実父である浄飯王の命により出家し仏弟子
        となったが、驕慢心で我見が強かったために修行が完成せず、後に提婆達多の弟子
        となったという。
「大智度論」にある伝説では、ある日の夜に、舎利弗と目連が急
        な雨天に見舞われ、陶師の家に止宿させてもらった。先に女人がいたが、暗かった
        ので2人とも知らなかった。女人が夜夢に精を失って晨朝水浴したのを、瞿伽梨が
        見つけて、2人が不浄を行ったと言いふらした。これを聞いた釈尊は彼を3度にわ
        たって呵責するも、瞿伽梨は悔い改めずに、ついに身体に疱瘡ができて死に、大蓮
        華地獄に堕したという。

 ※2 虚誑罪:妄語のこと。悪心をもって故意に人を欺き、悪道に堕とそうとする罪。
     十悪業の1つ。
 

 ※3 
白頭の烏:中国の戦国時代、秦に人質になっていた燕の太子、丹が帰国を望んだ
           ところ、秦王(始皇帝)が「烏の頭が白くなり、馬に角が生えたら許可しよう」
           と答えたという故事。「史記‐刺客伝賛注」「燕丹子」などにみえる。

 ※4 
日蔵:金峯山の日蔵とする説もあるが、平安時代の歌僧で、中古三十六歌仙の
           である増基法師とする説が妥当。日蓮が引用した「山がらす」の歌は、家集『い
           ほぬし』(別名「増基法師集」)に含まれ、『後拾遺和歌集』に人集された。

 ※5 
柏崎:現在の新潟県柏崎市。新潟県の海岸ぞいのほぼ中央に所在。鎌倉時代から
           港津として発達。文永11年(1274)3月、佐渡流罪を赦免された日蓮は、その
           帰路、大風に流されて寺泊に着く予定が当地に漂着した。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/11/25 05:43 】

真の孝養と仏道をめざして  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 真の孝養と仏道をめざして 光日房御書④ | ホーム | 真の孝養と仏道をめざして 光日房御書② >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |