fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

真の孝養と仏道をめざして 日房御書⑦

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)



 法華経を信ずる人は、かまへて球究法華経のかたきををそれさせ給

へ。念仏者と持斎と真言師と、一切南無妙法蓮華経と申さざらん者を

ば、いかに法華経をよむとも、法華経のかたきとしろしめすべし。か

たきをしらねばかたきにたぼら(誑)かされ候ぞ。あはれあはれ、け

さんに入つてくわしく申し候はばや。又、これよりそれへわたり候さん

位房 みぼう佐渡公 さどこう等に、たびごとにこのふみ(文)をよませてきこしめすべ

し。又、この御文をば明慧房にあづけ(預)させ給ふべし。なにとなく

我智慧はたらぬ者が、或はをこつき、或はこのふみをさいかく(才覚)と

してそしり候なり。或はよも此御房は、弘法大師にはまさらじ、よも慈

覚大師にはこへ(超)じなんど、人くらべをし候ぞ。かく申す人をばも

のしらぬ者とをぼすべし。

建治二年〈太歳丙子〉三月 日            
日 蓮 花押

                     甲州南部波木井郷の山中
【現代語訳】
法華経の敵を知るー光日尼に信心の励まし

 法華経を信仰する者は、心にかけて法華経の敵を恐れなければなりません。念仏者や

戒律をたもつ者や真言僧、また南無妙法蓮華経と唱えない者はすべて、どのように法華経

を読もうとも法華経の敵と考えるべきです。敵を知らなければ敵に欺かれるものです。

早くお会いして詳しくお話をしたいものです。また、※ 1位房や※ 2渡公が安房に行くたび

に、この手紙を読ませて聴かれるとよいでしょう。また、この手紙は明慧房に預けてお

くとよいと思います。思慮のない者たちが日蓮をあざけったり、またこの手紙から日蓮の学

識を知りそしったりするでしょう。あるいは、日蓮がいかに賢くとも※ 3海よりは

勝れていまい、よもや慈※ 4大師円仁には及ぶまいなどと比較する人もいるでしょうが、

たとえそのようなことをいう人がいても、それは仏教を知らない者のいうことだと思い

捨ておきなさい。

建治二年三月 日                        
日 蓮  花押

                            甲州南部波木井郷の山中

【語註】

 ※1 
三位房:日蓮の弟子、三位房日行のこと。下総国(千葉県)の出身で早くから日
           蓮の門下に入った。日蓮門下の中で重きをなし、日興の富士弘教の補佐や諸宗問
           答の主任を命ぜられ活躍した。しかし才智におぼれ、ともすると日蓮の指導にそ
           むくことがあり、たびたび訓戒を受けていた。熱原の法難のころ退転し、不慮の
           をとげたと推定される。

 ※2 佐渡公:直弟子日向のこと。13歳で日蓮に師事、佐渡阿闍梨・民部阿闍梨とよ
           ばれた。藻原を拠点に上総一帯に教えを弘め、のち身延に登って日興とともに日
           蓮の廟所に給仕した。日興が身延を去った後は、身延久遠寺の経営と弟子の育成
           にあたり、その基礎をかためた。

 ※3 空海:日本真言宗開祖。延暦23年(804)入唐し、恵果より真言秘密の教えを学
           び、伝法灌頂を受けて帰国。真言宗と密教の最勝を主張する。日蓮は法華経の
          「正直捨方便」の金言を無視し、法華経を大日経の下に位置づけたとして厳しく
           した。

 ※4 
慈覚大師円仁:延暦寺第三代。常行三昧に引声念仏を導入して叡山浄土教の源流
           を形成。さらに叡山に密教を導入し、天台密教の基礎を確立。法華経より密教が
           勝るという理同事勝の主張に対し、日蓮は最澄の法華一乗主義を否定した獅子身
           中の虫であると厳しく批判した。
 

【解説】

 日蓮が国を思うという時には、必ず自らの生まれた故郷への思慕と報恩の謝念に根ざ

している。その懐郷の心情は、なによりも父母に向けられていたが、「故郷の人でたと

え私に心を寄せようと思っていないものでも故国の人だといえば、それだけで懐かしく

思」い、辛く当たった人でも疎かにしないといったように、石もて追われた故郷であれ

ばあるほど望郷と故郷への報恩の心を強く働かせている。

 故郷の人の中では父母をはじめ、清澄寺に入ってより師と頼んだ道善坊などがいる。

この他には、日蓮とその父母が恩をこうむった領家の尼や光日尼が、幼少の日蓮に深く

縁を結んだ人々である。光日尼は、日蓮が12歳より清澄寺の虚空蔵菩薩に「日本第一の

智者となしたまえ」と立願したことを知っていた。自らも日蓮を疎かに思っておらず、

陰ながら信奉していた女性であった。

 この手紙は、その光日尼から子弥四郎死去の知らせを聞き、母子の救いをさし示した

ものであるが、そこには故郷特に亡き父母への恋しさ、帰郷しえぬ悔しさと佐渡や身延

の地で抱き続けてきた切なるまでの心情を率直に告白している。そしてまた、法華経を

失う諸宗を批判し、為政者を諫め、迫害を受けた佐渡から身延入山に至る生涯を光日尼

を通じて故郷に報告し、法華経の行者としての魂を故郷にしるし留めようとした自叙伝

としても需要な内容を持っている。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2023/12/05 05:35 】

真の孝養と仏道をめざして  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 真の孝養と仏道をめざして 清澄寺大衆中① | ホーム | 真の孝養と仏道をめざして 光日房御書⑥ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |