fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経の女人 千日尼御前御返事⑥

ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

千日尼御前御返事 せんにちあまごぜんごへんじ

 されば日本国の一切の女人法華経の御心 みこころかなふは一人もなし。わが悲母

せんとすべき法華経をば唱へずして弥陀に心をかけば、法華経はもとなら

ねばたすけ給ふべからず。弥陀念仏は女人たすくる法にあらず、必ず地

獄にち給ふべし。いかんがせんとなげきし程に我悲母をたすけんため

に、弥陀念仏は無間地獄 むげんじごくごうなり。五逆 ごぎゃくにはあらざれども五逆にすぎた

り。父母を殺す人はその肉身をばやぶれども、父母を後生 ごしょうに無間地獄に

は入れず。

 今日本国の女人は必ず法華経にて仏になるべきを、たぼらかして一向 いっこう

に南無阿弥陀仏になしぬ。悪ならざればすかされぬ。仏になる種ならざ

れば仏にはならず。弥陀念仏の小善をもつて法華経の大善を失う。小善

の念仏は大悪の五逆罪にすぎたり。

 譬へば承平 しょうへい将門 まさかどは関東八箇国 はっかこくをうたへ(打平)、天喜 てんぎ貞任 さだとうは奥

州をうちとどめし。民を王へ通ぜざりしかば、朝敵となりてついにほろ

ぼされぬ。これ等は五逆にすぎたる謀反 むほんなり。今日本国の仏法もまたか

くのごとしいろかわれる謀反なり法華経は大王大日経観無量寿経

真言宗・浄土宗・禅宗・律僧等は彼々の小経によて法華経の大怨敵 だいおんてき

なりぬ。

 しかるを日本の一切の女人等我心 わがこころのをろかなるをば知らずして、

我をたすくる日蓮をかたきとをもひ、大怨敵たる念仏者・禅・律・真言

師等を善知識 ぜんちしきとあやまてり。たすけんとする日蓮かへりて大怨敵とをも

わるゝゆえに、女人こぞりて国主に讒言 ざんげんして伊豆の国へながせし上、ま

た佐渡の国へながされぬ。

【現代語訳】

 したがって、日本中のすべての女性に中に、法華経の御心にかなった人は一人もいな

い。わが悲母のために頼るべき法華経を唱えず、弥陀に心をかけていたならば、法華経

が本になっていないので、母を助けることもできないのである。弥陀念仏は女性を助け

る法ではないから必ず地獄へ堕ちてしまうことになるどうしようかと嘆いてみたが

我が悲母を助けるために唱える弥陀念仏は、無間地獄へ堕ちるための業因となり、五逆

罪を犯したわけでもないのに、五逆罪よりも過ぎた罪となってしまう。なぜなら、父母

を殺す人はその肉体を傷つけるが、父母の魂にまで傷をつけ後生に無間地獄へ堕とし入

れることはないからである。

 現今の日本国中の女性は、必ず法華経で仏に成れるはずなのに、騙されて、もっぱら

南無阿弥陀仏を唱えている。もともとからの悪人ではないので、騙されてしまうのであ

る。仏に成る種子ではないので、いくら唱えても念仏では仏にならない。弥陀念仏の小

善でもって法華経の大善を失うことになる。この場合の小善の念仏は、大悪の五逆罪に

過ぎたものとなる。

 例えば、承平年間(931~938年)に※ 1将門は関東八州を平定し、天喜年間(1053~

58年)の、※ 2部貞任は奥州を打ち平らげて、民と王とを引き離してしまったので、朝敵

となりついに滅ぼされてしまったようなものである。これらは五逆罪よりも重い謀反の

罪である。現在の日本における仏法もまたこのようなものであり、色形の変わった謀反

である。すなわち法華経は大王であり、※ 3日経・観無量寿経・真言宗・浄土宗・禅宗・

律僧等は、それぞれの小経によって大王たる法華経の大怨敵となってしまっている。

 それなのに日本中のすべての女性は、自分の心の間違っているのを知らないで、自分

たちを助けようとしている日蓮を逆に敵と思い、大怨敵である念仏者・禅・律・真言師

等を正しい師だと誤ってしまっている。助けようとする日蓮を、かえって大怨敵だと思

い込んでしまっているので、女性はこぞって国主に讒言をし、伊豆の国へ流罪にしたう

え、さらにまた佐渡へも流罪にした。(つづく)

【語註】

 ※1 
平将門:関東に兵を起こし、朝廷に背いたが、平貞盛に討たれた。

 ※2 安部貞任:朝廷に背いたが、源頼義に討たれた。

 ※3 大日経:大日経・金剛頂経・蘇悉地経の三経は、真言の三部経といわれて、密
            教の根本をなす経典。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!

スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2024/02/10 05:33 】

日蓮聖人の手紙 法華経の女人  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経の女人 千日尼御前御返事⑦ | ホーム | 法華経の女人 千日尼御前御返事⑤ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |