fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経の女人 千日尼御前御返事⑦

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

千日尼御前御返事せんにちあまごぜんごへんじ

 こゝに日蓮ねがって云く、日蓮はまったくあやまりなし。たとひ僻事ひがごとなりとも日

本国の一切の女人をたすけんと願せる志はすてがたかるべし。いかにいはん

や法華経のまゝに申す。しかるを一切の女人等信ぜずばさてこそあるべ

きに、かへりて日蓮をうたする、日蓮が僻事か。釈迦・多宝・十方の諸

仏・菩薩・二乗・梵釈ぼんしゃく・四天等いかにはからひ給ふぞ。日蓮僻事ならば

その義を示し給へ。ことには日月天は眼前の境界なり。また仏前にして

きかせ給へる上、法華経の行者をあだまんものをば「頭破七分」等と誓

はせ給ひて候へばいかんが候べきと、日蓮強盛にせめまいらせ候ゆへに

天この国を罰す。ゆへにこの疫病やくびょう出現せり。他国よりこの国を天をほ

せつけて責めらるべきに、両方の人あまた死ぬべきに、天の御計おんはからいひと

してまづ民をほろぼして人の手足を切るがごとくして大事の合戦なくし

この国の王臣等をせめかたぶけて、法華経の御敵おんてきを滅して正法を弘通ぐつう

んとなり。

 しかるに日蓮佐渡の国へながされたりしかば、彼国かのくにの守護等は国主の

御計おんはからひに随ひて日蓮をあだむ万民はその命にしたがう。念仏者

真言師等は鎌倉よりもいかにもしてこれへわたらぬやう計ると申しつか

わし極楽寺の良観等は武蔵の前司殿ぜんじどのわたくし御教書みきょうしょを申して弟子に

持たせて日蓮をあだみなんとせしかば、いかにも命たすかるべきやうは

なかりしに天の御計らひはさてをきぬ地頭々々等念仏者々々々等

日蓮が庵室に昼夜に立ちそいてかよ(通)う人あるをまどわさんとせめ

しに、阿仏房にひつ(櫃)をしをわせ、夜中に度々たびたび御わたりありし事、

いつの世にかわすらむ。ただ悲母の佐渡の国に生れかわりてあるか。

【現代語訳】

諸天の御はからい

 そこで日蓮は次のような願を立てた。「日蓮には全く過ちはないはずである。たとえ

間違っていたとしても、日本中のすべての女性を扶けようと願って立てた志は捨てがた

いものである。ましてや法華経に説かれている通りに申し立てている。それなのにすべ

ての女性は信じてしかるべきなのに、逆に日蓮を打たせるということは、日蓮が間違っ

ているのであろうか。釈迦仏・多宝仏・十方の諸仏・菩薩・二乗・梵天・帝釈・四天王

等は、これをどのように考えられているか。もしも日蓮が間違っているならば、そのこ

とを示していただきたい」という願である。ことに日天・月天は眼前に輝いている。ま

た昔、仏前において法華経の行者を守護すべきことを聞いているうえに、「もし行者を

妨害する者があったら頭を七つに割ってしまうと誓いを立てられているので、その誓い

は今どのようになっているのか」と日蓮が強く盛んに守護の神々を攻めたてたので、諸

天はこの国を罰して疫病が流行しているのである。他の国からこの国を諸天に命じて責

めさせるべきであるが、双方の国の人人が数多く死ぬことになるので、天のはからいで

まず民の数をへらし、人の手足を切るように、大事な合戦に至らないようにして、この

国の王臣等を責めながら、法華経の敵をほろぼし、正法を広めようとしたのである。

 日蓮の母の生まれかわり

 それなのに日蓮が佐渡の国へ流されたので、佐渡の守護職にあたっている人らは、国

主の命に随って日蓮を敵視するのである。万民もまたその命に随っている。念仏者・禅

・律・真言師等は、どんなことがあっても二度と鎌倉へ日蓮が帰って来ないように対策

を立てていると言ってよこし、※ 1楽寺の良観等は※ 2蔵の前司である宣時のぶときに頼んで※ 3の御

教書を書いてもらい、弟子に持たせて佐渡へ渡り、日蓮を迫害しようとしたので、何と

も命が助かるとは思えなかった諸天の御はからいについてはさておくことにしよう。

地頭という地頭等、念仏者という念仏者等は、すべて日蓮の※ 4室に昼夜に立ち添って、

尋ねて来る人々を迷わせ、日蓮に会わせないように妨害しているなかで、あなたは夫の

阿仏房に※ 5 ひつを背負わせて、夜暗にまぎれたびたび尋ねて来てくれたことは、いつの世

になっても忘れることは出来ないことである。ただごととも思えない。日蓮の母が佐渡

の国へ生まれ変わってこのようにしむけてくれているのではなかろうか。(つづく)

【語註】

 ※1 
極楽寺の良観:忍性とも称し、律宗の僧で大和の人、北条長時に招かれ鎌倉に
            入り極楽寺で修法につとめたが、日蓮を憎み讒言して、迫害を加えさせた一人
            である。

 ※2 武蔵の前司殿:北条宣時のこと。武蔵守を退位したので前司という。

 ※3 私の御教書:将軍の命により執権が出す公文書を、将軍や執権の許可もなく、
            それ以下の者がひそかに出すので私の御教書という。つまりニセの御教書のこ
            と。

 ※4 庵室:僧尼や世捨て人の住む粗末な住まい。ここでは、塚原三昧堂のこと。

 ※5 櫃:飯を入れておく木製の器。おひつ。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2024/02/13 05:43 】

日蓮聖人の手紙 法華経の女人  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経の女人 千日尼御前御返事⑧ | ホーム | 法華経の女人 千日尼御前御返事⑥ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |