fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経の女人 日妙聖人御書②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

日妙聖人御書にちみょうしょうにんごしょ

 昔雪山童子せっせんどうじと申す人ありき。雪山と申す山にして、外道げどうの法を通達

せしかども、いまだ仏法をきかず。時に大鬼神ありき。説きて云はく

「諸行無常。是生滅法。=〔諸行は無常なり、これ生滅の法〕」等云

云。ただ八字ばかりを説きて後をとかず。時に雪山童子この八字をえて

悦びきわまりなけれども、なかばなる如意珠にょいじゅをえたるがごとく、花さきて

菓ならざるににたり、「残の八字をきかん」と申す時、大鬼神云はく、

「我数日が間飢饉して正念を乱る。ゆへに後八字をときがたし。食をあ

たえよ」と云云。

 時に童子問いて云はく「なにをか食とする」

 鬼答えて云はく「我は人のあたたかなる血肉なり。我飛行自在にし

て、
須臾しゅゆの間四天下してんげを回りたづぬれども、あたたかなる血肉得がたし。

人をば天まほり給ふゆへにとがなければ殺害する事かたし」等云云。

 童子の云はく「我身を布施としてかの八字を習ひ伝へん」と云云。

 鬼神云はく「智慧甚だ賢し。我をやすかさんずらん。」

 童子答へて云はく「瓦礫がりゃくに金銀をかへんにこれをかえざるべしや。我

つぶさにこの山にして死しなば、鴟鳧しきょう虎狼に食はれて、一分の功徳なか

るべし。後の八字にかえなば糞を飯にかふるがごとし。」

 鬼云はく「我いまだ信ぜず。」

 童子云はく「証人あり過去の仏もたて給ひし大梵天王だいぼんてんのう・釈提桓因しゃくだいかんにん

・日・月・四天も証人にたち給ふべし。

 この鬼神後の偈をとかんと申す。童子身にきたる鹿の皮をぬいで座に

しき、踞跪合掌してこの座につき給へと請す。大鬼神この座について説

きて云はく「生滅滅已。寂滅為楽。=〔生滅、滅し已れば、寂滅も楽と

なる〕」等云云。

 この偈を習ひ学して、もしは木もしは石等に書き付けて、身を大鬼神

の口になげいれ給ふ。かの童子は今の釈尊、かの鬼神は今の帝釈帝釈なり。

【現代語訳】

 昔、インドに雪山童子という人がいました。雪山という山で外道の法を修行して悟り

の境地に達しましたが、まだ仏法については知りませんでした。その時に大鬼神が現わ

れました。そして「諸行無常。是生滅法。=(諸行は無常である。これは生・滅の法で

ある)」と、四句の偈のかみの2句8字だけを説いて、後の8字は口を閉じてしまいまし

た。雪山童子は、この2句に説かれた真理を会得しただけでも非常に嬉しかったのです

が、物足りない思いが残っていることは、あたかも半分欠けた如意宝珠を手にしたよう

であり、また、花が咲いたのに果実がならないような感じでした。そこで「しもの2句を

教えてください」と願い出ると、大鬼神は「私は、ここ数日のあいだ食物を口にせず、

腹が減って気分が悪い。だから下2句を説くわけにいかない。もし本当に知りたいのな

ら、食物を用意しなさい」と言いました。

 童子「何を食物としているのですか」。

 大鬼神「わしの好物は人間の温かい血肉である。わしは空を自由に飛べるので、瞬時

にして※ 1天下(世間中)を翔けめぐり探し求めるのだけれども、なかなか人間の温かい

血肉を得ることができない。人間を天の神々が守っているものだから、殺害しにくいの

だ」

 童子「私の血肉を食物としてさしあげ、その下2句を習得して後の世に伝えたいと思

います」

 鬼神「悪智恵を働かせたな。嘘をついて、わしを騙そうとしているのであろう」

 童子「瓦礫と金銀とを交換することができる時に、換えない人があるでしょうか。私

が、何の取り柄もなくて、この山中に死んだとするならば、ただとびふくろうや虎や狼の餌

食となるだけであって、一つも世の中の役に立ちません。もし、私の身命を、真理を説

いた偈文後半の8字と交換出来たとするならば、それは糞を飯と換えるように意義のあ

ることです」

 鬼神「そんなことを言っても、まだまだ信用しないぞ」

 童子「では証人を立てましょう過去の仏たちも証人としてお立てになった※ 2梵天王

※ 3釈天・※ 4天・※ 5天・※ 6天王が証人にお立ちくださるはずです。

 ここにいたって鬼神は下2句の偈を説こうと言いました。童子は、身に着けていた鹿

の皮をぬいで敷きひざまずきながら合掌してそこへお坐りくださいとうながします。

大鬼神はその座につき、「生滅滅已。寂滅為楽。=(生も滅も滅してしまえば、寂滅も

楽となる)」と説きました。

 この偈を学び習った雪山童子は、あるいは木、あるいは石などにそれを書きつけて後

の世に残るようにした後、大鬼神の口の中に身を投げ入れなさいました。その時の雪山

童子とは今の釈尊であります。そして、あの鬼神は今の帝釈天であるのです。(つづ

く)

【語註】

 ※1 
四天下:須弥山【しゅみせん】の四方の大海にある四つの大陸。弗婆提【ほつ
            ばだい】(東)・閻浮提【えんぶだい】(南)・瞿陀尼【くだに】(西)・欝
            単越【うったんのつ】(北)の四州をいう。人間が住んでいるのは閻浮提であ
            る。

 ※2 大梵天王:インドの思想で宇宙を創造した最高の神。仏教では色界初禅天の主
            で、帝釈天と並ぶ最高の守護神とする。

 ※3 帝釈天:インドの雷神インドラが仏教にとり入れられ、大梵天王と並ぶ最も有
            力な護法の天神となったもの。利天【とうりてん】の主で須弥山頂の善見城
          (喜見城)に住み、四天王を率いて仏法を外敵から護る。特に阿修羅王とは激闘
            をした。

 ※4 日天:月天子・明星天子と並ぶ三光天子の一。太陽を神格化した神で日宮殿に
            住する。日蓮は、法華経の行者の守護神として崇めている。

 ※5 月天:日天子・明星天子と並ぶ三光天子の一。月を神格化した神で月宮殿に住
            する。日蓮は、法華経の行者の守護神として崇めている。

 ※6 四天王:須弥山の中腹にある四王天(四天王衆天=六欲天の最下層の天)の主
            で、帝釈天に仕え、八部衆を率いて仏法を外敵から護る。東方の持国天王、南
            方の増長天王、西方の広目天王、北方の多聞天王(毘沙門天王)の四神で、み
            な武将の姿をしている。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2024/02/24 05:26 】

日蓮聖人の手紙 法華経の女人  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経の女人 日妙聖人御書③ | ホーム | 法華経の女人 日妙聖人御書① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |