fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

法華経の女人 日妙聖人御書③

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

日妙聖人御書にちみょうしょうにんごしょ

 薬王菩薩は法華経の御前にひじを七万二千歳が間ともし給ひ、不軽菩薩ふぎょうぼさつ

は多年が間二十四字のゆへに無量無辺の四衆、罵詈めり毀辱きにく杖木瓦礫じょうぼくがりゃく

もつてこれを打擲ちょうちゃくせられ給ひき。いわゆる二十四字と申す「我深敬汝

等。不敢軽慢。所以者何。汝等皆行菩薩道。当得作仏。=〔我深く汝等

を敬うあえて軽慢きょうまんせずゆえはいかん。汝等皆菩薩の道を行じてまさ

に作仏することをうべし等云云かの不軽菩薩は今の教主釈尊なり

昔の須頭檀王すづだんのうは妙法蓮華経の五字の為に、千歳が間阿私仙人あしせんにんにせめつか

はれ身を床となさせ給ひて、今の釈尊となり給ふ。

 しかるに妙法蓮華経は八巻なり八巻を読めば十六巻を読むなるべ

釈迦多宝の二仏の経なる故。十六巻は無量無辺の巻軸なり。十方の

諸仏の証明ある故に。一字は二字なり。釈迦多宝の二仏の字なる故へ。

一字は無量の字なり。十方の諸仏の証明の御経なる故に、譬へば如意宝

珠の玉は一珠なれども二珠ないし無量珠の財をふらすことこれをなじ。

法華経の文字は一字は一の宝、無量の字は無量の宝珠なり。

 「妙」の一字には二つの舌まします。釈迦多宝の御舌なり。この二仏

の御舌は八葉の蓮華なり。この重る蓮華の上に宝珠あり。妙の一字な

り。
この妙の珠は昔釈迦如来の檀波羅蜜だんばらみつと申して、身をうえたる虎にか

(飼)ひし功徳、鳩にか(貿)ひし功徳、尸羅波羅蜜しらはらみつと申して須陀摩王しゅだまおう

としてそらことせざりし功徳等、忍辱にんにく仙人として歌梨王かりおうに身をまかせし

功徳、能施太子のうせたいし尚闍梨仙人じょうじゃりせんにん等の六度の功徳を妙の一字にをさめ給ひ

て、末代悪世の我等衆生に一善を修せざれども六度万行の満足する功徳

をあたへ給ふ。

【現代語訳】

 ※ 1王菩薩は、7万2000年の間、両臂を燃やして法華経に供養なさいました。また※ 2

菩薩は、長年、わずか24文字のために多くの人々から罵詈ののしられ、はずかしめられ、杖木で

打たれ、瓦礫を投げつけられるなど種々の迫害をお受けになりました。その24文字とは

我深敬汝等。不敢軽慢。所以者何。汝等皆行菩薩道。当得作仏。=(われ深く汝らを敬

う。決して軽慢しない。なぜかと言えば、汝らは皆、菩薩の道を修行して、まさしく仏

道を達成すべき人だからである)」というものです。あの不軽菩薩は、今の教主釈尊な

のです。それからまた昔の須頭檀王は、妙法蓮華経の5字に込められた教えを求めて、

1000年の間、※ 3私仙人のもとで身を粉にして修行なさり、今の釈尊となられました。

妙の一字に備わる釈尊のべてのす功徳

 ところで妙法蓮華経は8巻あります。が、その8巻を読めば16巻を読んだことになり

ます。なぜなら、釈迦・多宝の二仏が、それぞれに真実であることを証明なさったお経

だからですまた法華経が16巻だと言ってもそれは無限に多い巻数にほかなりません

なぜなら、十方世界の無数の仏たちが証明されたお経だからです。もう一度言いましょ

う。法華経の1字は2字分の価値があります。なぜなら釈迦と多宝の二仏によってその

正しさが証明された文字だからです。いやそれだけではありません。またその1字は無

数の字だといえます。なぜなら法華経は数限りない十方世界の仏たちによって保証され

た真実のお経だからなのですそれはたとえば如意宝珠はただ1個の玉ですけれども、

2個3個と無数の宝珠を作り出していくのと同じことですつまり、法華経の文字は、

ただの字ではなくて、1字が1個の宝珠であり、またそれは無数の字、すなわち無数の

宝珠であるのです。

 「妙」の1字には2枚の舌による御証明がなされています。その2枚の御舌とは釈迦

如来と多宝如来のものです。この二仏の御舌は8葉の蓮華であります。その重なった蓮

華の上に宝珠があります。それが「妙」の一字なのです。この妙という宝珠は、昔、釈

迦如来が、※ 4(布施)波羅蜜といって、肉体を飢えた虎に与えた功徳や、鷹に追われた

鳩にかわって身を捧げた功徳、また※ 4羅(持戒)波羅蜜といって、※ 5陀摩王として嘘を

つかなかった功徳、あるいはまた※ 6辱仙人として歌(迦・訶)梨王に両手足を切られて

も耐えしのんだ※ 4辱波羅蜜の功徳、それから※ 7施太子が※ 4進波羅蜜を修して得た如意宝

珠で人々の衣服の窮乏を救った功徳、そして※8闍梨仙人が虫けらにまで慈悲を及ぼして

いたという禅波羅蜜の功徳など、六度(六波羅蜜)の功徳を全部納めつくしていらっし

ゃる字で、末法・濁悪の代に生を受けた愚かな私たちが、たった一つの善い行ないさえ

しなくても、六度をすべて修行したのと同じ功徳をお与えくださるのです。(つづく)

【語註】

 ※1 薬王菩薩:過去世で日月浄明徳仏の弟子(一切衆生喜見菩薩という)であった
           ころ、法華経を聞いて歓喜し、身を燃やして仏に供養した。1200年燃え続けた
           火が消えるとともに菩薩の身も滅したが、その功徳によってまた日月浄明徳仏の
           国の浄徳王の家に再生し、仏から滅後の弘教を依嘱された。そこで仏の遺骨を納
           める8万4000の塔を建てて供養したが、なお満足せずに臂を燃して7万2000年
     の間供養し、無数の人々に菩提心を得させた。日蓮は、薬王菩薩の不惜身命の事
           蹟に正法護持の理想的なあり方を見、自らの範とするとともに、それを門下に勧
           めている。

 ※2 不軽菩薩:常不軽菩薩は釈尊が過去世において菩薩道を修行していた時の名前
        で、略して不軽菩薩・不軽などともいう。仏道に心を寄せている者を見ては尊
            敬し、罵られても打たれても礼拝・讃嘆をくりかえしたので常不軽と名づけら
            れた菩薩。その功徳によって法華経を得、転生中もそれを説き続けたので今生
            で成仏の果を得たという。

 ※3 阿私仙人:法華経「提婆達多品」の本生譚【ほんじょうたん】に登場する仙
           人。釈尊が過去世で国王(須頭檀王だったころ、王位を捨てての仏道修行中に、
           妙法蓮華経を保持しているという阿私仙人に会い、1000のあいだ献身的に給仕
           奉公してそれを得、今世において成仏することができた。その仙人は今の提婆達
           多であるとして悪人成仏が説かれることになる。

 ※4 檀波羅蜜:波羅蜜は梵語のパーラミターの音写で、彼岸(悟りの岸)に至ると
            いうこと。そのために実践すべき六波羅蜜の6種の徳目がある。檀波羅蜜(布
            施=ほどこしをする)・尸羅【しら】波羅密(持戒=戒律を守る)・羼提【せ
            んだい】波羅蜜(忍辱=困苦にたえる)・毘梨耶【びりや】波羅蜜・(精進=
            ひたすら励む)・禅那【ぜんな】波羅蜜(禅定=心を統一する)・般若波羅蜜
         (智慧=真実を見極める)の6種。

 ※5 須陀摩王:六波羅蜜の持戒波羅蜜を修行して一生の間妄語をしなかった王。鹿
            足王に捕われて殺されることになった時、その日の朝に約束をしたことが果た
            せないことを訴えて7日間の猶予を与えられ、帰国して約束を果たすとまた殺
            されるために鹿足王のもとへ赴いた。

 ※6 忍辱仙人:釈尊が過去世に仙人として修行をしていた時の名。忍辱波羅蜜を修
            行し、悪虐な歌梨王に耳目手足を切り取られても動ぜず、かえって身体をもと
            にもどす霊験を現わして歌梨王の反省と入信を誘った仙人。

 ※7 能施太子:釈尊が過去世において国王の子であった時の名。非常な艱難を乗り
            越えて海中の竜宮城を訪れ、竜王から如意宝珠(何でも望みをかなえてくれる
            宝の玉)を譲り受け、それによって無量の衣食を得て貧しい人々を救った。

 ※8 尚闍梨仙人:釈尊が過去世において仙人として修行をしていた時の名。その慈
            悲は鳥獣から虫類にまで及んだという。

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2024/02/27 05:41 】

日蓮聖人の手紙 法華経の女人  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 法華経の女人 日妙聖人御書④ | ホーム | 法華経の女人 日妙聖人御書② >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |