fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

病といのち 南条兵衛七郎殿御書①

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

南条兵衛七郎殿御書なんじょうひょうえしちろうどのごしょ

文永元年(1264)12月13日、43歳、於鎌倉、和文

 安房の東条松原で襲撃され自らも傷を負った1カ月後の手紙である。南条時光の父・南条兵衛七郎が病に臥していると聞いて、病のない者も、ある者も、定めないものだとして、『法華経』を根本として後世に思いを定めることを説いている。

 御所労ごしょろうよし承り候はまことにてや候らん。世間のさだめなき事は病なき人も

留りがたき事に候へば、まして病あらん人は申すにおよばず。ただし心あ

らん人は後世ごせをこそ思ひさだむべきにて候へ。

 又後世を思ひ定めん事は私にはかなひがたく候。一切衆生の本師にて

まします釈尊のおしえこそもとにはなり候べけれ。

 しかるに仏のおしへ又まちまちなり。人の心の不定なる故

 しかれども釈尊の説教五十年にはすぎずさき四十余年の間の法門

華厳経には心仏及衆生是三無差別しんぶつぎゅうしゅじょうぜさんむさべつ阿含経あごんきょうには苦空無常無我くくうむじょうむが

大集経だいしつきょうには染浄融通ぜんじょうゆうづう大品経だいぼんぎょうには混同無二こんどうむに双観経そうかんきょう観経かんよう

阿弥陀経等には往生極楽。此等これらの説教はみな正法・像法ぞうぼう・末法の一切衆

生をすくはんがためにこそとかれはんべり候けめ。

 しかれども仏いかんがおぼしけん、無量義経に「方便力ほうべんりきを以て四十余

年にはいまだ真実をあらわさず」と説かれて、先四十余年の往生極楽等の一

切経は親の先判せんぱんのごとくくひかえされて、「無量無辺不可思議阿僧祇劫むりょうむへnふかしぎあそうぎこう

を過ぐるともついに無上菩提をじょうずることを得ずといゐきらせ給ひ

法華経の方便品に重ねて「正直に方便を捨ててただ無上道を説く」と

とかせ給へり。方便をすてよととかれてはんべるは、四十余年の念仏等

をすてよととかれて候。

【現代語訳】

病気の見舞いと信心の勧め

 御病気であるとうかがいましたが、まことでしょうか。世の中は無常であり、病気で

はない人であっても生き続けることは困難であるのですから、まして病気の人は言うに

及びません。ただ、道心どうしんのある人は死後のことこそ思い定めておかなければなりませ

ん。

真実の教法

 また、来世のことを思い定めるには、自分のはからいだけではとても出来るものでは

ない。すべての人びとの本師ほんし(本当の師、根本の師)である釈尊の教えこそがその根本

となるものである。

 ところが仏の教えはさまざまにある。それは人びとの心がそれぞれ異なっており、そ

の異なった人びとに応じて仏は法を説かれたからである。

 しかしながら、釈尊の御一代の説法は50年である。そのうち、前の40余年間の法門に

は、華厳経の「心はたくみな画師えしのようにすべてのものを作る。心と仏と衆生とは皆同じ

で、この3つに異なりはない」という教え、阿含経の「すべてのものは苦であり、空で

あり、無常であり、無我である」という教え、大集経の「けがれた迷いときよい悟りとはゆう

づうして一体であるという教え大品般若経の迷いの苦界と悟りの仏界とはその本性

において一つである」という教え、観無量寿経・無量寿経・阿弥陀経などの「阿弥陀仏

誓願力せいがんりきによって極楽浄土に往生する」という教えがある。これらの教えは皆、仏入

滅後の正法時・像法時・末法時のすべての人びとを救うために説かれたのであろう。

 ところが仏はどのように思われたのか、無量義経に「方便の力用はたらきをもって40余年の間

はまだ真実を説き顕わさなかった」と説かれ、さきの40余年間に説かれた「極楽に往生す

る」などを内容とするすべての経典を、親の譲状ゆずりじょうの先判(親の譲状が複数ある時は日

付の新しいものが有効で古いものは無効とされるのように打ち消され、無量義経に、

それらの教えでは「永劫えいごうにわたって修行してもついに成仏することは出来ない」と言い

切り、法華経方便品には重ねて「正直に方便を捨てて、ただ真実無上の教えを説く」と

説かれている。「方便を捨てよ」と説かれているのは、40余年間に説かれた念仏などの

教えを捨てなさい、ということである。(つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2024/04/20 05:37 】

病といのち  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 病といのち 南条兵衛七郎殿御書② | ホーム | 法華経の女人 月水御書⑥ >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |