fc2ブログ

なまぐさ坊主の聖地巡礼

プロフィール

ホンジュン

Author:ホンジュン
日蓮宗の小さなお寺の住職です。
なにしろ貧乏なお寺ですので、松井秀樹や本田圭佑で有名な星稜高校で非常勤講師として2018年3月まで世界史を教えていました。
 毎日酒に溺れているなまぐさ坊主が仏教やイスラーム教の聖地を巡礼した記録を綴りながら、仏教や歴史について語ります。

カテゴリ

最新記事

fc2カウンター

Facebook

月別アーカイブ

最新トラックバック

最新コメント

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

病といのち 南条兵衛七郎殿御書②

 ダウンロード
波木井の御影(身延山久遠寺蔵)

南条兵衛七郎殿御書なんじょうひょうえしちろうどのごしょ

 かうたしかにくいかえして実義じつぎをさだむるには、「世尊の法は久しく

して後かならずまさに真実を説くべし」「久しくこのようもくしていそいですみ

かに説かず」等とさだめられしかば、多宝仏たほうぶつ大地よりわきいでさせ給ひ

て、この事真実なりと証明しょうみょうをくわへ、十方の諸仏八方にあつまりてこう

長舌相ちょうぜっそう大梵天宮だいぼんてんぐうにつけさせ給ひき。二処三会にしょさんね、二界八番の衆生一

人もなくこれをみ候ひき。

 此等の文をみ候に、仏教を信ぜぬ悪人外道げどうはさておき候ひぬ。仏教の

中に入り候ても爾前権教にぜんごんきょうの念仏等を厚く信じて、十遍・百遍・千遍・

一万乃至六万等を一日にはげみて、十年二十年のあひだにも南無妙法蓮

華経と一遍だにも申さぬ人人は、先判せんぱんに付いて後判ごはんをもちゐぬ者にては

候まじきか。此等これらは仏説を信じたりげには我身わがみも人も思ひたりげに候へ

ども、仏説の如くならば不幸の者也。

 故に法華経の第二に云く「今この三界は皆これが有なり。その中の

衆生はことごとくこれが子なり。しかも今このところはもろもろの患難げんなん

多し。ただ我一人われいちにんのみよく救護くごをなす。また教詔きょうしょうすといえどもしか

も信受せず」等云云。

 もんの心は釈迦如来は此等これら衆生には親也、師也、主也。我等衆生の

ためには阿弥陀仏・薬師仏等は主にてはましませども、親と師とにはま

しまさず。ひとり三徳をかねて恩ふかき仏は釈迦一仏にかぎりたてまつ

る。親も親にこそよれ、釈尊ほどの親。師も師にこそよれ、主も主にこ

そよれ、釈尊ほどの師主ししゅはありがたくこそはべれ。この親と師と主との

おおせをそむかんもの、天神地祇てんじんちぎにすてられたてまつらざらんや。不孝第

一の者也。故に「雖復教詔而不信受すいぶくきょうしょうにふしんじゅ」等と説かれたり。
 
 たとひ爾前にぜんの経につかせ給ひて、百千万億こう行ぜさせ給ふとも、法華

経を一遍も南無妙法蓮華経と申させ給はずは、不孝の人たる故に三世十

万の聖衆しょうしゅうにもすてられ、天神地祇にもあだまれ給はんれ一〉。

【現代語訳】

 このように、明確にさきの40余年の説法を打ち消し、真実の教えを説き顕わされる時に

は、「仏は久しくして後に真実の法を説く」(法華経方便品)、「久しくこの肝要の法

を説かなかった」(法華経薬草喩品)などと明言されたので、多宝仏が大地からき出

でて来られて、この事は真実であると証明を加え(法華経見宝塔品)、十方の諸仏が八

方に集まって広長舌を大梵天宮までつけ、同じく真実を証明された(法華経神力品)。

この事実は、法華経の説法の場にいたすべての聴衆が見聞けんもんしたのである。

 これらの文を見ると、仏教を信じない悪人や外道はさておいても、仏教を信じながら

も法華経以前の方便の教えである念仏などをあつく信じ、1日に10遍・100遍・1000遍・

1万遍、あるいは6万遍などこなえ、10年、20年の間に一度も南無妙法蓮華経と唱えない

人びとは、親の譲状の先判を用い、後判を用いない者ではないだろうか。このような人

びとは、仏の教えを信じているように自分も思い他人も思っているようであるが、仏の

教えの通りに従えば不孝の者である。

 したがって、法華経の第2巻譬喩品には「今のこの世界はすべて私(仏)の所有する

ところであり、その中に住む衆生はことごとく私の子である。しかも、今、この世界に

は苦難が多い。ただ私一人だけがこれを救うことが出来る。私が教えさとしても衆生は迷

っていて信受しようとしない」と説かれている。

 この文の意味は、釈迦如来はこのような衆生の親であり、師であり、主である。私た

ち衆生にとって、阿弥陀仏や薬師仏などは主ではあっても親でも師でもない。主・師・

親の3つの徳をかね備えた恩の深い仏はただ釈迦如来だけである。親もいろいろあるが

釈尊ほどの親は他にはない。師もいろいろあり、主もいろいろあるが、釈尊ほどの師や

主は他にはない。このようにありがたい親と師と主との徳を備えられた釈尊の教えに背

く者が、天地の神々に捨てられないことがあろうか。このような人びとは不孝第一の者

である。そのゆえに「また教え諭すけれども信受しない」(法華経譬喩品)と説かれた

のである。

 たとえ法華経以前の経典を信じ、計り知れないほどの長い間修行をしても、法華経を

信じ一度でも南無妙法蓮華経と唱えなければ、不孝の人であるから、三世十方の聖衆

(仏菩薩)にも捨てられ、天地の神々にもあだまれるであろう。〈これが第一点であ

る〉。(
つづく)

↓ ランキング挑戦中  Brog Rankingのバナーをポチッと押してね!
スポンサーサイト



テーマ:仏教・佛教 - ジャンル:学問・文化・芸術

【 2024/04/23 05:31 】

病といのち  | コメント(0)  | トラックバック(0)  |
<< 病といのち 南条兵衛七郎殿御書③ | ホーム | 病といのち 南条兵衛七郎殿御書① >>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム |